目分量でパン作り。

ホームベーカリーは捏ね作業だけに使用。スタンドミキサーでもよかったかな。
小麦粉がパンに変化する原理を知らなくては進歩もないだろうと『パン「こつ」の科学―パン作りの疑問に答える』という本を買った。読んだところで、劇的に変化するわけではないけど。
油分は最初から加えない(←グルテンの粘りに関係する)ことがわかった。
f0136096_12185131.jpg

材料メモ;酒粕酵母、強力粉(リスドォル)、全粒粉、きび砂糖、塩、水

『お菓子こつの科学―お菓子作りの疑問に答える 』 も購入。おいおい参考にしていこう。
[PR]

by minotaur_minotaur | 2008-04-21 23:26 | 食べる

<< アンチョビを作る 那珂湊の常夜灯 >>