ハチタイ最高!

f0136096_0443814.jpg

レース終了後、笑顔がすべてを物語っている。

ステキな仲間達にぐいぐい引っ張られて、想像もしなかった世界、知らなかった自分(?)と出会っている。
暑い、熱い一日を終えて出てくる言葉はやっぱり「ありがとう!感謝!」

濃すぎて何を書いてよいのかわからない。

(ちょっとづつ追記1)
予想到着時刻3:40。今年は余裕〜♪思っていたら、谷和原インターなのに谷田部インターでおりちゃった。漢字が似ていた!ナビのセッティングミス。
結局、到着は4:00。集合時間想定内だけどすみません。今年もお待たせしてしまいました。
f0136096_22351749.jpg

集合場所でみんなとご対面。あたたかく声をかけてもらってハグ。ん~、すでに素晴らしい一日になる予感。
人数も増えて初めての方も多いけどヘーキ。一日過ごしたらお友達になれるから。

テント設営、バイクのメンテナンス、ピットでのライダー交替、補給の準備etc。大所帯にも関わらず全てがスムーズ。それぞれが自分の役割を認識して互いにフォローしている。これが職場のチームであったら最高に気持ちよく仕事ができるだろーな。

バイクに不慣れな私はフォローしてもらいっぱなし。
試走前にモタモタしていたらキャプテンが無言で空気入れていてくれた。優しさにズキュンです。
f0136096_22364826.jpg

(ちょっとづつ追記2)
レース中、私のバイク『ホワイティ』はトラブルで走行不能に。一瞬のことでよく覚えていないけど、思いこせばトラブルはこんな感じか。

落車の人を避けたら後輪にガシャンと衝撃。チェーン外れた?おかしいぞ?と芝生へ避難(とっさのわりにペダル外せて転ばなかった、ホッ)。
あれれ、チェーンもホイールも無事、だけど後ろに人が倒れている。
私の後輪にぶつかったの?もしかして後ろにいたの?まさかねぇ・・・。

走れる状態だったので一周してピットイン。が、スポーク曲がりホイールがブレーキに干渉、タイヤがまわらない。この状態でよく乗ったなぁ、鈍感すぎる・・・。

頼れる兄さん達がいろいろ手を尽くしてくれたけど、危険ということでホワイティの8耐デビュー戦は午後2時前に終わった。

ラッキーなことにsumiちゃんとクリートが同じ。僭越ながらお借りしてレースに参戦。レベルが桁違いの彼女のバイクはサドルが高っ。つま先立ちのペダリングながら彼女のパワーのおかげか自分のよりスピードが出たぞー。
それでも脚が余っているようだからギアを重くして大丈夫とのご指摘。もっと強くなれるのアタシ?頑張るよー。
f0136096_22361070.jpg


その後、自分の殻を脱ぎ捨て別次元の戦いを少々、未知なる体験・・・。(くせになっちゃうかも。歓びをありがとう!)

メンバー全員、素晴らしくカッコいい。出会う人がステキな人ばかりで私は幸せだ。
ダイヤモンドピアスよりバイク買ってヨカッタ。
f0136096_21102773.jpg

【来年用覚え書き】
・ホテルは禁煙部屋チェック(タバコ臭い部屋だった人ごめんなさい)
・前日の人間ドックはやめる
・休憩用サンダル用意
・ウコンのちから
・来年はもっと戦力に。成長したねと褒めてもらいたい。
・集合場所は谷和原インターおりてから。

f0136096_22373874.jpg

つくばの夜はまだまだ終わらない。

※写真は全部お友達から。

(ちょっとづつ追記3)
夕闇迫るサーキットを走る最終ライダーの応援。ヘルメットにつけた目印を頼りに名前を叫ぶ。ちゃんと聞こえているみたいで嬉しい。
一年目は大きな声を出すことさえ恥ずかしくて、こそっと離れたところから見ていたっけ。
今では「チビッコ頑張れー」とか「女の子ガンバっ」とか知らない人にまで声かけられちゃう。あの恥ずかしさはなんだったんだろう。

ホテルにチェックイン後、打ち上げの酒場までは送迎バス。大学生相手に仕事するメンバーの素晴らしい仕切りで集合時間が設定されていく。
時間がない、でも一日以上汗をかいた体。シャワー浴びたい!
でも時間がないっ。
私たちがとった行動は女子3人で同時にシャワー。これも8耐ならではのチームワークの賜物か。

アスリートの宴会は飲み放題が基本。グラスの往来が激しい。
そして、灼熱の太陽の下を走り回ったとは思えないほどみんな元気で笑顔。このなかに自分がいることが夢みたい。


8/8 8耐の正式リザルトが届いた。
みんなのタイムからはほど遠い。来年はもっと近づきたい。
私のベストラップはsumiちゃんのバイクで、チームジャージを脱ぎ捨てたとき。。
[PR]

by minotaur_minotaur | 2010-07-18 00:44 | 走る(自転車)

<< 野良ウサギ!? 『十一番目の志士』 司馬遼太郎。 >>