プレッツェル、ツクル。

気になると、衝動が抑えられないー。

作り方調べて早速トライ。
茹でる時にラウゲン液というものに浸すらしい。なぜかウチにあるんだよね〜、苛性ソーダ。劇薬なので使うのも食べるのもビビり気味。表面がパツパツしていないのは茹でる温度が低すぎたせいかな。
なんとか形になった一個を先頭にして、後ろは無惨な姿なのでぼかし。やっぱり、時間のある時に丁寧に作らないと駄目ね。
f0136096_2154156.jpg

形は悪いが、あの味、あの香り!
[PR]

by minotaur_minotaur | 2009-03-12 22:06 | 食べる | Comments(4)

Commented by omosally6047 at 2009-03-13 20:52
早速作られる行動力!ヤルと決めたら即実行するところは
同じです^^やらないと(ほぼ)永遠にやらないのが僕。。。
初めて作られたけど、美味しかったようですね^^
Commented by minotaur_minotaur at 2009-03-13 22:42
>omoさま。
この衝動を共感してもらえるのは嬉しいです!
衝動を実行するのに、インターネットはすごくありがたい。寝ててもムックリ起きて調べることできますからね。

Commented by 華岡 紬 at 2009-03-15 21:48 x
アメリカのもドイツのも、プレッツェル大好きです。
この衝動のために料理やお菓子が上達するのだと思うのです・・・。
インターネットのおかげで、かなり珍しいレシピも入手可能になってとってもありがたいですよね。
高校生や大学生の頃はレシピ入手は人海戦術と図書館活用でしたねー。
Commented by minotaur_minotaur at 2009-03-16 23:38
> 華岡 紬さま。
アメリカとドイツでは違うのかな?レシピ調べたらアメリカでは溶かしバターを塗っているものがありました。
スナックのプレッツェルでチョコかかっているのありますよね。しょっぱくて甘いのは柿の種チョコと同じ感覚。国は違っても人間は考えること一緒だ〜。

<< 嬉しかったこと。 プレッツェル。 >>